introduction

劇の現場は理屈で語り切れない。 実践あるのみ。実戦である。 科白でなく肉体そのものが力と意味を持つ。 置かれた箱に意味があるのではなく、 放熱する役者在る処に、劇場は出現する。 "役者"と"役"に上下関係(主従関係)を作り、 "役作り"と称した"役"の蹂躙作業、半端な解体(陵辱)の結果、 "役"の心は置き去りに入れ物だ…

続きを読むread more

第87回公演 ドラマ・リーディング『ヒトが傷つかない魔法』終了致しました。

夢歩行虚構団 第87回公演 『ヒトが傷つかない魔法』 全行程 終了いたしました。 この度の公演は、 夢歩行虚構団「朗読部」発足 御披露目公演、でした。 おかげ様で、良いスタートを切ることが出来ました。 御来場くださった御客様に、 そして、応援してくださった皆様に、 心より御礼申し上げます。 よりいっ…

続きを読むread more

★公演情報★#87 ドラマ・リーディング『ヒトが傷つかない魔法』

夢歩行虚構団 第87回公演 (朗読部発足 御披露目公演) ドラマ・リーディング 『ヒトが傷つかない魔法』  作・演出:だるままどか  戯曲『ヒトが傷つかない魔法』は、これまでにストレートプレイとして「東京」「大阪」で上演され、高評価を頂戴し、「劇作家 だるままどか」の代表作のひとつとなりました。  商…

続きを読むread more

第86回公演『おひさんつかまえた』終了致しました。

夢歩行虚構団 第86回公演 『おひさんつかまえた』 全行程 終了いたしました。 御来場くださった御客様に、 そして、応援してくださった皆様に、 心より御礼申し上げます。 これからも、 よりいっそうの精進をいたします。 有難うございました。 夢歩行虚構団 ★舞台写真スライドショーはこ…

続きを読むread more

★公演情報★#86『おひさんつかまえた』

夢歩行虚構団#86 『おひさんつかまえた』  脚本・演出:だるままどか  原案:菊池寛「屋上の狂人」 -STORY- 関西の、とある田舎町。 都会までは電車を二回乗り継いで出掛ける。 この小さな町の旧家に、五人の姉妹兄弟が暮らしていた。 父母が死んで以降、一家の大黒柱を務める長女・八重。 少し前から夫と別居…

続きを読むread more