★公演情報★第78回公演『境界線上の明智小五郎』

画像


夢歩行虚構団 第78回公演
『境界線上の明智小五郎』
Kyoukaisenjou no
AkechiKogorou

-明智小五郎シリーズ 最終章-

脚本・演出:だるままどか
原作:江戸川乱歩「怪人二十面相」


日時:【計5ステージ】
11月21日(土)17時開演/20時開演
11月22日(日)12時開演/15時開演/18時開演
●開演40分前:受付開始
●開演30分前:開場
●開演15分前:オープニングライヴ (出演:朱華)


会場:
錦花楼
〒635-0087奈良県大和高田市内本町5-3
http://cybegg.jp/?id=kinkarou53
TEL&FAX:0745-52-1580
※近鉄大和高田駅より徒歩10分/JR高田駅より5分
※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用下さい


料金:大人2300円/小人(小学生以下)800円
※開場時刻よりお菓子とお茶の振る舞いがございます
※お座席が少ないのでお早めのご予約をお願いします[予約先着順指定席]
※当日券は定員に満ちていない場合のみ500円増で発券いたします


◎ご予約:
→ここをクリックしてお早めにご予約をお願いします←
※定員あり(1ステージ15名前後を予定)
※予約先着順で見やすいお席を指定させて頂きます



-story-
「それは、とある夏の終わり。
 秋がそっとそっと忍び寄って来た頃。

 同じ年の春の終わりに 明智小五郎は、
 女賊・黒蜥蜴の大事件を解決しました。
 それのお陰で明智探偵は一躍有名人となりましたが、
 密やかに負った心の生傷がありました。
 そして、昔々から大切にしてきた心の古傷が痛みました。
 それらを癒しに、忍んで出掛けた真夏の旅。
 旅の途中にも秘めやかな事件は起き、
 明智探偵はいともとぼけたように、解決をしました。
 祭の太鼓が響く中、
 青く、赤く、激しい夏が死んで行きました。

 旅の終わり、船に揺られ、特急列車を乗り継いで、
 明智小五郎がいつもの駅に降り立ったところから、
 この物語は始まります。」


-cast-
明智小五郎 役: 水月アテナ
斉藤正太郎 役: イマイLOVEヒサヲ(ノーマン≠ゴーマン)-客演-
文代助手  役: 原田めぐみ
小林助手  役: 岡田萌生
高牧刑事  役: きのしたよしえ -客演-
ウキという女 役: 魔汁
トコという女 役: 小林礼奈 -客演-
時計屋 役: 鈴木ぱんだ
モモ 役[土曜] : くま・あつし -客演-
モモ 役[日曜] : Nono The Great
語り部 : 平万魅

-band-
【Vo】落合ゆかり
【Cho】西田大介 -GUEST-
【G】朱華 -GUEST-
【Piano】一二三礼
【Per】TOSHIBOUZ -GUEST-


-staff-
【演出助手】岡田萌生
【総合美術】真マコト
【総合技術】うさぎ団+PANDA
【照明】白井由美+うさぎ団
【道具】箱や
【制作・運営】#78実行委員会+歩達
【企画・製作】夢歩行虚構団


-共催-
多目的スペース「錦花楼」



★『錦花楼 一周年記念企画 第弐弾』として上演させていただきます。

[お問い合わせ]
yumeho1993@yahoo.co.jp

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0